朝、血圧が高い原因とは?早朝の高血圧には要注意!

高血圧の原因について

 

高血圧の原因は人によって様々ですが、実は症状にも色々とあり、
病院で測定した時だけ高血圧になってしまう白衣高血圧症や、
朝だけ血圧が高くなってしまう早朝高血圧症など、
血圧が高くなるタイミングも、人によって異なる場合があります。

 

慢性的に高血圧というわけではなく、昼間は正常値なのに
朝だけ高血圧になってしまうという方は、意外と多いんです。

 

では、朝に血圧が高い原因とは、何なのでしょうか?
今回この記事では、そのような点について、
調べてまとめてみました。

 

朝に血圧が高い原因とは?

 

高血圧の原因について

 

不規則な生活・ストレス

 

不規則な生活やストレスが続くと、
朝だけ高血圧に血圧が高い原因になりかねません。

 

通常、人間は朝は血圧が低いものです。
昼間と比べても、血圧も体温も低めです。

 

それは、人間が活発に活動する時に必要な交感神経ではなく、
体を休める時に必要な交感神経が活発になっているから
です。

 

副交感神経が優位になっている時に体を休めることができ、
ぐっすり眠ることができます。

 

しかし、不規則な生活により睡眠リズムが乱れている場合、
またストレスにより交感神経が優位になっている場合は、
血圧が下がりきることがなく、朝まで血圧が高い原因に
なります。

 

睡眠中に交感神経が
優位になったままになってしまう可能性がある病気として、
他にも睡眠時無呼吸症や自律神経失調症などが考えられます。

 

ですから、不規則な生活やストレスを、まずは改善しましょう。

 

質の良い睡眠が取れるように、寝る前の習慣にも注意が必要です。
質の良い睡眠をとることは、朝に高血圧になることを
予防するだけではなく、健康的な毎日を送るために欠かせません。

 

降圧剤

 

高血圧の治療している方の中で、降圧剤を
使用している方の中には、薬の量が十分ではないことが、
朝、血圧が高い原因となっていることが考えられます。

 

朝、血圧を測定して、朝だけ血圧が高いという場合には、
高血圧の治療をしている病院の医師に相談すると良いでしょう。

 

朝、血圧が高い原因を知って改善を

 

朝、血圧が高いということは、早朝の心筋梗塞や
脳梗塞などのリスクも高まり、非常に危険です。

 

朝、血圧が高い原因は人によって異なりますが、
その症状を、まずは早期に発見することが必要です。

 

習慣的に毎日同じ時間に血圧を測るなどして、
朝、血圧が高いということをまずは見逃さないようにしましょう。

 

そして、血圧が高い原因を特定し、
対策を始めることはとても大切です。

 

 

高血圧に効くサプリ ランキング