高血圧による合併症の危険性について

高血圧 画像

高血圧といわれる状態とは、収縮期血圧(上の血圧)が
140mmHG以上、拡張期血圧(下の血圧)が
90mmHG以上ある場合です。

 

日本高血圧学会がつくるガイドラインにより
定められた数値で、理想的な血圧の数値は、
収縮期血圧120mmHG、拡張期血圧80mmHG未満
となっています。

 

 

高血圧には2つの種類がある

 

高血圧は「本能性高血圧」「二次性高血圧」の2つの種類があります。

 

本能性高血圧症ははっきりとした原因が見当たらない場合の
高血圧症状のことで、ほとんどの場合が本能性高血圧症と
言われていわれています。

 

そして二次性高血圧は、脳血管障害、慢性腎炎、脳腫瘍などの
病気が原因となり起こる高血圧のことで、「続発性高血圧」とも
呼ばれています。

 

どちらもはっきりと原因は分かっていませんが、運動、ストレス、
食事などが大きな要素となっており、それらによって血圧が
高くなると考えられているのです。

 

運動不足、味の濃い食事などは特に注意が必要でしょう。
適度な運動、味付けは薄めを心掛けると健康的です。

 

 

高血圧の自覚症状について

 

高血圧は自覚症状を感じにくく、健康診断をしなければ
気付けなかったというケースがとても多いんです。

 

そのため高血圧は見逃しやすく、症状が進んでいても
放置されてしまうという危険性があります。

 

わかりやすい症状は感じませんが、血流が悪くなっている
ことの不快感、体調不良は高血圧のサインになっていることがあります。

 

主にサインとなっているのは肩こり、めまい、頭痛、耳鳴りです。

 

高血圧には自覚症状が少ないため、定期的に血圧を測ったり
健康診断を受けるなど日ごろから自分の健康状態を
チェックしておくことが大切です。

 

 

高血圧起因の合併症

 

高血圧は合併症を起こす可能性があり、それが最も
危険だと言われています。

 

自覚症状を感じにくく、高血圧を放置すると心臓が圧力に
耐えるために硬化、肥大化。

 

それによって動脈硬化が引き起こされ、心筋梗塞や大動脈瘤破裂など
生死にかかわる重大な疾患となるのです。

 

手遅れになるまで自覚症状がなく、ある日突然死亡につながる
可能性があるため「サイレントキラー」とも呼ばれています。

 

気づかずにある日突然死んでしまうというケースは多く、
高血圧の恐ろしいところなのです。

 

<主な合併症>

 

心臓

 

高血圧状態が続くと心臓が肥大化し、心肥大と呼ばれる状態に。
血液を送り出すポンプ機能が弱くなることで心不全になります。

 

また、冠状動脈が硬くなり血流が途絶えてしまうと心筋梗塞、
狭心症などを起こすのです。

 

 

高血圧になり動脈が硬く脆くなると、脳卒中を起こす
可能性が高まります。

 

脳卒中はくも膜下出血、脳出血、一過性脳虚血発作、脳梗塞
4つがあり、どれも生死にかかわる重大な疾患です。

 

 

網膜の動脈硬化により白斑、出血が網膜内に起こり、症状が
進むと眼底出血、視力障碍を起こすことがあり、最悪の場合
失明してしまいます。

 

腎臓

 

肝臓の動脈硬化により肝機能の低下や腎不全を起こします。
心不全の原因にもなるといわれています。