高血圧の予防、改善に必要な有効成分とは?

高血圧サプリメント 画像

血圧を正常な数値にキープ、高い血圧を低下させる
ために必要な有効成分は食事やサプリメントなどで
摂取することができます。

 

高血圧の方が特に意識して補いたい栄養素、有効成分は
こちらで紹介しているので、日々の食事や購入する
サプリメントの参考にしてみてください。

 

 

血液サラサラ成分

 

ナットウキナーゼ

高血圧に効くサプリ 画像

 

納豆のねばねば部分に含まれる酵素のことで、血管にできた
血栓を溶かして血流を助ける効果があります。

 

心筋梗塞、脳梗塞を起こす血栓症の予防に効果的で、
血管にかかる圧力を抑えることで高血圧の予防になると考えられます。

 

ケルセチン

高血圧に効くサプリ 画像

 

ケルセチンは玉ねぎに多く含まれるポリフェノールの一種で、
動脈硬化、血流の改善に効果的です。

 

ケルセチンには強力な抗酸化作用があり、赤血球を活性酸素から
守り体中に酸素を運ぶサポートをします。

 

血管を柔らかく保つ効果にも期待でき、ケルセチンは血管や
血液の機能を改善する効果の高い有効成分として注目されているのです。

 

DHA(ドコサヘキサエン酸)

高血圧に効くサプリ 画像

 

青魚に豊富に含まれる不飽和脂肪酸のひとつで、血液を
サラサラにして悪玉コレステロールを減らす働きがあります。

 

中性脂肪を減らす作用もあるため、生活習慣病の予防や
血液サラサラ効果に期待ができる成分として人気です。

 

具体的な効果は赤血球の細胞膜や血管の壁を柔らかくする
働きがあり、それによって血流がスムーズになります。

 

また、脳機能や神経細胞の機能を高める働きもある有効成分で、
情緒安定や記憶力のアップに効果的です。

 

DPA(ドコサペンタエン酸)

高血圧に効くサプリ 画像

 

アザラシ、マンボウの肝油に多く含まれています。
野菜を食べずに長く健康的な体を維持するイヌイットが長生きな
ことに着目し、DPA豊富なアザラシを食べていたからだと
いわれているのです。

 

海のドクターとも呼ばれる成分で、健康作用に期待ができます。

 

血流、血管を正常化させる働きがありますが、EPAよりも
50〜100倍の高い作用があるとされ、悪玉コレステロールが
定着するのを防ぐ作用もあるのです。

 

ただ、マンボウの肝油は採取量が少ない貴重なものなので、
サプリメントを利用して補うのがいいでしょう。

 

EPA(エイコサペンタエン酸)

 

青魚に多く含まれる必須脂肪酸で、人間の体内で生成する
ことができない成分です。

 

DHAと相乗効果があり、同時に摂取するのがおすすめです。

 

EPAは血液をサラサラにして血栓を溶かす作用があり、血流を
スムーズにする作用に期待できます。

 

また、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らして善玉コレステロールを
増やす効果があり、血管の拡張作用もあるため
生活習慣病対策におすすめの成分とされています。

 

 

血圧の上昇を予防する

 

グルタミン酸(GABA)

 

リラックス成分のGABAを作り出す非必須アミノ酸のひとつで、
内臓や脳に働きかけて働くことで知られています。

 

最近の研究により血圧を下げる効果があることが分かり、
改めて健康作用に注目を浴びている成分です。

 

また、グルタミン酸から作られるGABAにはストレス解消効果や
血圧降下作用があるため、高血圧の予防におすすめです。

 

ペプチド

 

アミノ酸がいくつかつながって構成されるペプチドは、
タンパク質とアミノ酸の中間の性質が特徴です。

 

血圧の上昇をさせる物質が作られるのを抑えながら、血圧の
低下に作用し安定化させる働きがあり、カルピス社が発見した
カルピス由来のラクトトリペプチド、いわしからとれる
サーデンペプチドは、特に血圧低下に効果的と言われています。

 

 

血管を広げる

 

サポニン

 

コレステロールを低下させて肥満の解消をする成分とも
いわれますが、毛細血管の強化や血管の拡張により血栓を
予防する効果もあります。

 

血流がスムーズになり、体のめぐりがよくなることで
高血圧を防ぐのです。

 

酢酸

 

血管の中に入り、血管を広げるアデノシンという成分を含みます。

 

血圧をあげる成分の働きを阻害する働きもあり、血流を
スムーズにして血圧の低下へつなげます。

 

 

ここで紹介している成分は、高血圧に効果がある一部の成分です。
サプリメント、食事で効果的な成分を補い、健康的な
血圧を保ちましょう。