看護師さんが測ることが高血圧の原因!最近増えている白衣高血圧とは?

高血圧の原因について

 

慢性的に高血圧ではないにもかかわらず、
病院で血圧を測定すると、いつも高血圧になるという方も、
実は少なくないようです。

 

医師や看護師が血圧を測定すると、なぜかいつも血圧が高く、
高血圧と診断されてしまうとお悩みの方も少なくありません。

 

そのような症状は、白衣高血圧症と言われています。

 

では、なぜ看護師など白衣の人が血圧を測ると、
高血圧になってしまうのでしょうか?
どのようにして、改善していくことができるのでしょうか?

 

今回この記事では、そのような点について、
調べてまとめてみました。

 

普段は正常値なのに、いつも病院で測ると
高血圧になってしまう!と思っている方は、
是非参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

看護師が測定することが高血圧の原因に

 

高血圧の原因について

 

高血圧で悩んでいる方のうち、20%から30%ほどの方は、
白衣高血圧症、つまり看護師などが測定することによる
高血圧だと言われています。意外と多い数字ですよね。

 

自分で測定する時には正常値であるにもかかわらず、
病院で測定すると高血圧になってしまうというのは問題です。

 

では、なぜ看護師が血圧を測定することが、
高血圧の原因になってしまうのでしょうか?

 

緊張

 

病院で看護師が血圧を測定した時に、
高血圧になってしまう原因は、ストレスです。

 

緊張状態が続くと、体はストレスを感じます。

 

普段慣れないことをすると、ストレスを感じてしまい、
高血圧の原因となるんです。

 

人間はストレスを感じると、
交感神経という部分が活発になります。

 

交感神経は、心拍数を上げたり、血管を
収縮させる働きがあるので、高血圧の原因になりかねません。

 

白衣高血圧症を改善するには

 

高血圧の原因について

 

看護師が血圧を測定することが原因の高血圧を改善するには、
まず緊張しないことが必要です。

 

とは言っても、慣れない環境では
緊張してしまう方が多いものですよね。

 

それで、普段から同じ病院に通い、慣れた看護師に
測定してもらうなら、少しずつ数値が安定することでしょう。

 

白衣高血圧症のここに注意

 

高血圧の原因について

 

白衣高血圧症は、基本的に看護師などが血圧を測定するときにのみ
高血圧になることなので、心配する必要はなく、
特に治療の必要などはありません。

 

しかし、白衣高血圧の方は、ストレスがかかると
血圧が上がりやすい体質だということです。

 

普段からストレスを抱えないようにする必要があります。

 

自分でも定期的に血圧を測定するなど、
体調の変化にも気を配りましょう。

 

 

高血圧に効くサプリ ランキング