やっぱり塩分の摂り過ぎは、高血圧の原因となるのか?

高血圧の原因について

 

特定の疾患が原因ではない高血圧は、
毎日の生活習慣が深く関わっている
と言われています。

 

高血圧になる原因として、塩分の摂りすぎが、
まず第一に浮かぶ方は多いでしょう。

 

高血圧になると、減塩の食事がおすすめされますよね。

 

では、なぜ塩分の摂りすぎは高血圧の原因となるのでしょうか?

 

今回この記事では、高血圧と塩分の量との関係について、
調べてまとめてみました。

 

最近、血圧が高くなりつつあるという方、毎日の食事から
高血圧を予防したい!と考えている方は、
ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

高血圧の原因と塩分

 

高血圧の原因について

 

血液の量が増加する

 

塩分を摂りすぎると、高血圧の原因となると言われているのには、
血液の量が関係しています。

 

ラーメンのスープを全部飲んでしまったり、
塩分の多い食事をすると、喉が渇きますよね。

 

食事のあと、数時間ずっと喉が渇いているという場合もあります。

 

人間の体の中には体液というものがありますが、
体液の塩分の濃さは決まっているので、
それを一定に保とうとする体の働きにより、
身体は水分を欲します。

 

塩分を薄めるために、水分をとることで、
血液の量が増加するんです。

 

塩分と水分により血液の量が増えすぎると、
血液の量が増えるため、高血圧の原因になるんです。

 

塩分の摂りすぎによって、血管にも圧力がかかり、
ポンプの役割を担っている心臓にも負担がかかるので、
慢性的な高血圧にも
つながります。

 

交感神経を活発に

 

塩分にはナトリウムが含まれていますが、このナトリウムは、
体の自律神経である交感神経に働きかけます。

 

交感神経とは、体を動かす時、主に日中に活発になる神経ですが、
血管の収縮も司っている神経なんです。

 

塩分の摂りすぎにより、この交感神経が活発になりすぎると、
血管の収縮も頻繁に行われるようになり、
高血圧の原因となります。

 

それにより、血管にも圧力がかかるため、
慢性的な高血圧を悪化させる原因となるんです。

 

まとめ

 

高血圧の原因について

 

塩分の多い食事をすると喉が渇き、喉が渇いたことによって
取り入れた水分と、摂取しすぎた塩分により、
血液の量が増えるため高血圧の原因になります。

 

また、交感神経が活発になり、血管の収縮回数が増えるため、
高血圧の原因となりかねません。

 

しかし、人間の体には塩分は必ず必要です。

 

人間に必要なミネラルなので、
全く摂取しないというわけにはいきません。

 

よく汗をかく仕事の方や暑い時期には、
意識的に塩分を摂取する必要もあります。

 

過剰摂取に気をつけながら、
ちょうど良い塩分量の食事を意識しましょう。

 

 

高血圧に効くサプリ ランキング