高血圧の原因はストレスかも?ストレスと高血圧の関係について

高血圧の原因について

 

高血圧は、毎日の生活習慣と深く関わっていると言われています。

 

では、どのようなものは、
高血圧の原因となりかねない要素なのでしょうか?

 

最近、注目が集まっているのはストレスと高血圧の関係です。

 

ストレスは万病のもとと言われていますから、
高血圧の原因ともなりかねません。

 

では、ストレスと高血圧の原因には、
どのような関係があるのでしょうか?

 

ストレスと高血圧の原因の関係とは?

 

高血圧の原因について

 

ストレスは高血圧の原因になる

 

ストレスが全くないという生活を送っている人は、
ほとんどいないでしょう。

 

現代人の多くは、毎日ストレスにさらされています。
そのような身近なストレスは、高血圧の原因となります。

 

ストレスは、自律神経と関係があるからです。

 

自律神経とストレス

 

自律神経というのは、体中をコントロールしている、
とても重要な神経です。

 

体を動かすことも、休めることも、
自律神経がコントロールしています。

 

自律神経には2種類あり、交感神経と副交感神経があります。

 

交感神経は体を動かす時に必要なもの、副交感神経は
体を休める時に必要で、夜に活発になる神経です。

 

ストレスにより、交感神経が活発になってしまうんです。

 

つまり、体を動かす時に必要になる神経が活発になります。

 

その交感神経の働きによって、血圧が収縮したり、
体が興奮状態になることで、高血圧の原因となります。

 

心拍数や血液の量も増えるため、血圧になりかねません。

 

副腎ホルモン

 

また、ストレスを感じると、副腎ホルモンという
ストレスから体を守るためのホルモンが分泌されます。

 

この副腎ホルモンが分泌されるときに、アドレナリンや
ノルアドレナリンという物質が分泌されますが、これらには
心拍数を高めたり血管を収縮させるという働きがあります。

 

ストレスから体を守るための反応ですが、
高血圧の原因となるんです。

 

ストレスによる高血圧を改善するには?

 

高血圧の原因について

 

ストレスが溜まっている、
最近イライラしているという認識がなくても、知らない間に
ストレスがかなり溜まっているということがあります。

 

心の悩みや感情からくるストレスだけではなく、寒すぎる、
暑すぎるといった体からくるストレスもあります。

 

ストレスそのものを全くなくすということは難しいものですが、
少しでもストレスを溜め込まないような生活が必要です。

 

また、ストレスが原因で高血圧になりやすいということが
分かっているなら、ストレス発散方法を取り入れたり、
定期的に血圧を測定することで、体の変化に、
できるだけ早く気づくことが大切です。

 

 

高血圧に効くサプリ ランキング